起業・経営お役立ち情報

【必見】自分への投資とは?コスパの良い利回25%の自己投資3選

自分に投資するならどんな投資が良いのだろう?

タカコ
タカコ
ランニングとオンライン英会話とコンピュータースキル習得をおすすめします

「投資」と言えば一般的には金銭的な投資を思い浮かべますよね。

「ちょっとでもお金を増やしたい…」という方はこの記事は参考になりません。

この記事では確実に「財産」になって生涯にわたってお金を生み続ける資産を残してくれる「自分への投資」について解説しています。

利回り25%と言われている着実な「自己投資」に興味がある方のみご覧ください。

自分への投資とは?

自分への投資とは時間やお金をかけて「今の自分」に磨きをかけて成長させることをいいます。

「本を読むこと」や「英会話に通うこと」など内面的な自己投資と「筋トレをすること」や「マッサージを受けること」など外面的な自己投資があります。

自己投資を始める目的

自分へ投資する「自己投資」をすることで「将来の自分」を「今の自分」より成長させることができるので成長自体を楽しめます。

また投資した結果、内面的にも外見的にも自分の望みが叶えば自信につながったり、前向きに考えられるようになったり将来の選択肢が増えたりします。

コストパフォーマンスが良い自己投資を3つ紹介します。

簡単・コスパ良しおすすめ自己投資TOP3①ランニング

1つ目の自己投資は健康への投資で「ランニング」をおすすめします。

走ることで体力や免疫力を上げることができ、ストレス発散もできます。

何か新しいことを始めるたくても体力がなければ何も始められません。

また悩みや考えごとがあるとき、走ることで頭の中のモヤモヤを解消してくれます。

最初は少しずつ、ゆっくりで良いので無理をしない程度で始めることをおすすめします。

慣れてきたら距離を増やしていくと良いですね。

「走ること」が習慣になってくると睡眠の質がグンと上がり、頭の中がいつもクリアでいられるので仕事や作業をする効率も上がります。

投資するものはスニーカーとウェアだけで体と心が強化できるのはコスパが良すぎですね。

簡単・コスパ良しおすすめ自己投資②オンライン英会話

2つ目に紹介する自己投資はオンライン英会話です。

世界191か国のうち、英語を公用語としている国は58か国。

英語を習得している人と習得してない人ではビジネス面でもプライベート面でも得られるものに大きな違いが生じています。

「日本にいるなら日本語だけで充分」という時代は終わりをつげ、世界を相手にビジネスをし、世界中にネットワークを持つのが当たり前の時代になりました。

2020年現在、オンライン英会話のサービス会社は増え、安価な金額でレッスンを受けられるようになりました。

オンライン英会話であれば自宅や好きな場所でレッスンを受けられます。

オンライン英会話サービス会社によっては1日5分~レッスンを受けられるサービスもあります。

3年後、5年後、10年後の将来を見据えて英会話を習得しておくと仕事面でもプライベート面でも可能性を広げられます。

下記に無料トライアル期間がある月額7,000円以下のおすすめのオンライン英会話教室をまとめました。

自分に合うオンライン英会話サービスを見つけたい人は無料体験を活用してみてください。

簡単・コスパ良しおすすめ自己投資3③コンピュータースキル

3つ目におすすめの自己投資は、コンピューター関連の知識を深めることです。

コンピューターに関する知識とはプログラミングやデザインなどのweb関連の知識や動画編集などの知識です。

2020年、新型コロナウイルスが発端となりリモートワークや在宅ワークで仕事をする人が増え始め増した。

オンラインで完結できるシステムを導入する企業が増え、実店舗を縮小しオンライン販売を強化する店舗が増えています。

コンピューターに関する知識を深めておくことは、これから世の中で生き抜くための選択肢を大きく増やしてくれます。

というよりコンピューターの知識がないと仕事もプライベートも純粋に楽しむことが難しくなります。

プログラミングの取得をしたい人はオンラインクラスを活用すれば自宅でレッスンを受けられます。

無料カウンセリングがあるTechAcademyやプログラミング学習をしながら転職活動ができるDMM WEBCAMPが人気があるので参考にしてください。

【まとめ】自分への投資とは?コスパの良い利回25%の自己投資

最初の質問に戻ります。

自己投資でおすすめってなんだろう?
おすすめの自己投資
  • ランニング
  • オンライン英会話
  • コンピュータースキル

以上3つに、投資することで「財産」になり、お金を生み続ける「資産」を残せます。

金銭的な投資も大切ですが自己投資で確実な資産を残してからでも遅くはありませんよ。