ランキングで選ぶ

忙しいフリーランスと個人事業主におすすめのオンライン秘書3選

フリーランスでもオンライン秘書サービスって頼めるの?
タカコ
タカコ
頼める会社と企業しか受け付けていない会社があります

フリーランスにおすすめの3社を紹介しますね

フリーランスにおすすめ秘書のポイント
  • 雑務を全部引き受けてくれる
  • 経理を全部引き受けてくれる
  • 業務の洗い出しをしてくれる

秘書歴15年の経験をもとにオンラインアシスタント会社を設立。
オンラインアシスタントサービス会社の特徴や強みと依頼方法などを紹介しています。

忙しいフリーランスと個人事業主におすすめのオンライン秘書3選


フリーランス生計を立ててる人や副職を始める人が年々増えています。

フリーランスになりたての頃はやるべきことが多くて戸惑うこともあります。

そんなとき雑務を手伝ってくれる心強い味方がオンライン秘書サービス。

フリーランスになり立ての人にも毎日多忙で仕事をする人にも、法人設立する人にもおすすめのサービスです。

オンライン秘書サービス会社によっては企業しか手伝わない会社もありますがこのページではフリーランスでも頼めるおすすめの会社を3社紹介します。

フリーランスにおすすめのオンライン秘書①フジ子さん

フジ子さんをオススメする理由は「収入が安定しないフリーランスの味方」だから。

1か月47,000円で20時間から依頼できるので必要なところだけ、お願いしたい人におすすめのオンライン秘書サービス会社です。

無料お試し期間が2時間分あるので実際に体験してから契約できるので安心ですね。

フリーランスにおすすめのオンライン秘書②Caster Biz

オンライン秘書サービス会社の中で導入件数ダントツ1位のCaster Biz。

サービスの質が良いのはもちろんのこと、フリーランスの事例が多いのも頼もしいところです。

Caster Bizのスタッフはホスピタリティ精神がとても高いので「かゆいところに手が届く」提案をしてくれます。

またチームで作業を行ってくれる中でマニュアルも作成してもらえるので、人材を増やすときにも役立ちます。

とくに事務作業をすべてマルっと丸ごとお任せしたい人にはCaster Bizがおすすめです。

無料お試し期間はありませんが、個別相談会をやっているのでサービス内容の確認や規模感が同じくらいの人の事例を聞くことができます。

フリーランスにおすすめのオンライン秘書③i-STAFF

フリーランスで働き始めたばかりのときは、やる事の多さに驚くとともに急ぎの案件も多かったりします。

そんなフリーランスの人でもi-STAFFであれば早めに業務をこなしてくれます。

「他社のオンライン秘書サービスの対応が遅くて困って」i-STAFFに駆け込む人が増えているので業務にスピード感を求める人はi-STAFFをおすすめします。

i-STAFFでは6時間の無料体験期間がありますが、2020年10月現在かなり込み合っており2週間待ちの状態です。

無料期間にこだわらずサービスを早めに受けたい人は契約後に6時間の無料期間を充当してくれます。

フリーランスがオンライン秘書に任せられること【基本編】

フリーランスがオンライン秘書に任せられることは以下の通り。

基本的な秘書業務だけでなく、経理関連やweb関連も任せることができます。

  1. 秘書業務
  2. 経理業務
  3. 総務業務
  4. 労務業務
  5. web関連業務
  6. コールセンター業務
  7. 翻訳業務

などです。
会社ごとに頼まれる業務内容に多少差があり、一番多く頼まれる業務はフジ子さんでは資料作成業務、Caster Bizでは秘書業務全般、i-STAFFではメール・電話対応となっています。

フリーランスがオンライン秘書に任せられること【番外編】

基本的な業務はどこのオンライン秘書サービス会社でも請け負ってもらえますが、会社によっては以下の内容も頼めます。

  1. 会社訪問サービス
  2. 夜間・土日対応
  3. 対応がスピーディ

会社訪問サービスがあるのはCaster Biz。

オフィスから持ち出せない資料のスキャン作業や請求書の郵送作業などがあります。

夜間・土日対応をしているのはフジ子さんとCaster Biz。

それぞれできる業務に限りがありますが、事前相談で可能となります。

そして対応が早くて喜ばれているのがi-STAFF。

優先順位をつけて選ぶといいですね

オンライン秘書はこんなフリーランスにおすすめ

  1. 雑務が苦手
  2. 経理が苦手
  3. 業務整理が苦手

オンライン秘書は秘書業務だけでなく、雑務が苦手な人、経理が苦手な人、業務整理が苦手な人におすすめのサービスです。

事業を拡大したい、クリエイティブな発想をする時間を確保したいという人はオンライン秘書を活用して自分にしかできないコア業務に専念してください。